2010年04月30日

子どもの日の花を子どもが生ける




こどもの日です。
五月飾り(小黒三郎作)と菖蒲です。


子ども(愚息5年生)が生けた、子どもの日の花。
それもまた、趣があるかな?

P1060408.jpg


posted by imm at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚息の華道

2010年04月25日

生け花も育つ


愚息の生け花。

スカシユリとライデン、デルフィニウム。

日に日に
じゅんじゅんに咲いて、
ズンズンと葉が伸びます。


P1060364.jpg

P1060367.jpg

P1060383.jpg
posted by imm at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚息の華道

2010年04月20日

水元公園で鯉釣り


水元公園で鯉釣りをした。

吸い込みで釣った。

エサは鯉将とミミズ。

P1060378.jpg


卵を持った、太った鯉が釣れました。
68センチ。

水元にしては、大物です。
posted by imm at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月16日

オーダージーンズをさらにリメイク



先日、やっと出来上がった
倉敷オーダージーンズだが、
思っていたより、地味だった。

なんとか雰囲気を変えようと思い、
お尻ポケットに何か書く事にした。


お茶の水の画材屋さんで、
「綿の生地に描くには、どんな画材がいいですか」と
伺ったところ、
アクリル絵の具に
ステンシル用のファブリックメディウムを混ぜれば良いとの事。
これは、
布に絵の具を定着させる薬だそうだ。

P1060362.jpg

ボタンの緑青色に合わせて、2色をチョイス。

パソコンで型紙を作って、…
P1060361.jpg
P1060360.jpg
描いてしまいました。


何を描いたか…
思い切り苗字です。
P1060359.jpg

私の苗字を知っていたら、驚くかな、と。
苗字入り、まさにオリジナルです。ウケる…かな。
posted by imm at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是ジーンズ

2010年04月14日

ニホンイシガメをスパルタ日光浴



ニホンイシガメの石ちゃんは
昼間、穴でずっと寝ている。
そろそろ、
陽気がいい日もあるので、少しは日光浴をして欲しい。

スパルタ方式で
ガツっと捕まえて、外に出した。

しばらく、ウロウロと落ち着きが無かったが、
15分後には、ウトウトし始めた。

P1060355.jpg 


 P1060354.jpg

そういえば、
ビオトープも育って来た。

姫スイレンと水トクサと…この脇に生えているのは何か?
いまだに不明。

メダカとクチボソも元気です。

2010年04月13日

魚津水族館のお土産




北陸旅行のお土産。

南魚沼産の米5キロ、かんずり、カイチン、九谷焼のお茶碗など。

中でも
お気に入りが、このホタルイカフィギュアである。

P1060357.jpg


魚津水族館は地域型の小さな水族館だ。
しかし、
ここでしか見られない生物もある。
富山名物のホタルイカ。
http://www.city.uozu.toyama.jp/suizoku/

ちょうど、今が旬で
水族館では期間限定で「ホタルイカの発光実験」をしていた。
ホタルイカの発光の仕組みを模型を使って説明して頂いた後、
本物のイカを使って、観察させてくれる。
真っ暗な部屋で青く光るイカ。
小さな発光器の一つ一つまでがよく見えて、驚いた。

魚津水族館、侮る事なかれ。


そのイカのフィギュアを限定300個で売っていたのだ。
なんとも愛らしい、顔のイカ。
なんと、暗くすると、本物そっくりに光ります。

↓水族館のHPでは光る様子も見られます。
http://www.city.uozu.toyama.jp/suizoku/osirase/index.html#20100319

2010年04月12日

愚息の華道〜アレカヤシの陰から


愚息の華道。
草月流華道を始めて、5年目。
彼の人生は未だ10年なので、人生の半分は華道をやっている事となった。

なんか、凄い。

今日は、
アレカヤシをトルコキキョウの前に持って来て、
網戸みたいに使っていました。

P1060351.jpg

網戸、なんて言ってはいけませんね。
posted by imm at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚息の華道

2010年04月11日

埋没林博物館

富山県魚津市の埋没林博物館に行った。

実は、
北陸旅行の主な目的地ではなかったが、
北陸一番に感動したので、
ここに記す。

埋没林、といわれても
全く知識がなかった。
それでも、実際の展示を見たら、驚いた。

P1060311.jpg


魚津の沖を工事していたら、
何本もの杉の大木が出て来たらしい。
2000年前に片貝川の氾濫によって流れ出た土砂がスギの原生林を埋め、
その後海面が上昇して現在の海面より下になり埋められた
と考えられているらしい。


「木の根好き」には、たまらない、感動の場所です。


埋没林博物館
http://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/
posted by imm at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記