2011年01月19日

ニホンイシガメがノロノロ〜冬眠中


ニホンイシガメの石ちゃん、
緩く冬眠中。


温かい日は、3〜4日に一度くらい
水に入りに出て来ます。



posted by imm at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画はどうが?

2011年01月14日

ニホンイシガメの石ちゃんは冬でボーーッとしてます



寒い。

なのに、ニホンイシガメの石ちゃんは、
ちょっとした気温の上昇が分かるらしい。
って、当たり前か、本能だもんね。


ちょっとでも温かいと、
夜明け頃にベッドの下(冬眠の場所らしい)からはい出して、
窓際に置いてある水に入る。


動きはゆっくりとしていて、
ボーーーーッとしている。

水から出て、移動するときも、
ボーーーーーっとしている。

P1070404.jpg


こちらも
驚かさないように気をつけるが、
なかなか隠れるのが上手なので、
部屋のどこで、うろついているのか把握出来ていないと
踏んでしまいそうになる。


ある資料によると、
ニホンイシガメは寒さに強く、冬場でも温かい日は
日なたに出て来ることもあると訊く。
だから、
冬眠、と言っても、グーグー寝てる訳は無くて、
ボーーーーーッとしていて、食べない、という感じ。

でも、
3、4日、見ないと心配になるので、家中を探しまわることになりますが。



最後に余談ですが。
姉から八重山イシガメの写真が来たので、
イシガメつながりで…。
DSC04112.jpg

顔しか見えませんが、
イシガメ系の顔ですな。
ニホンイシガメよりは強面な感じです。

水元公園のタナゴ釣り事情



寒い日が続いておりますが、
そんな季節の釣りといえば、タナゴ釣り。


寒いのをガマン? いや、吹き飛ばして、
忍耐の? いや、寒さも忘れる粋な釣りです。


この日は
比較的温かい日で、
愚息は居合わせた先輩方と一緒に釣っていました。

P1070425.jpg

申し訳ないが、私は寒くておられず、
日なたを探して、釣りは途中で放棄。


やはり、モロコ、クチボソが多い。
時折、ブルーギルも。そいつは申し訳ないが「さようなら」してもらう。
10センチ位のブルーギルもかかったりして、驚きでした。



やっぱりタナゴが来ると、嬉しさも倍増。

P1070423.jpg


黄身練りに来る日と、グルテンに来る日があるので、
両方を用意して行きました。
この日は黄身練りによく集まって来ました。

先輩方はグルテン派。
それも、よく練って使うそうです。
(書籍に寄っては、グルテンをあまり練らないと書いてある)


結構な暴釣でした。

P1070438.jpg

持って来た、網にいっぱいの魚。
タナゴのサイズはなかなか小さい個体が多く、
釣りは難しかったです。

お正月の花を生ける



いまごろ、になってしまいましたが、
明けましておめでとうございます。

いや、
寒中お見舞い申し上げます。


愚息(小5)の生けた、お正月の花です。


P1070415.jpg


コトブキ松、テッポウユリ、センリョウ(赤とオレンジ)


今年は凧を飾ってみたいと思い、
生け花の先生に習って、生けていました。


コトブキ松は、花材の松の中でも高級品とのこと。
一ヶ月は楽しめるとの事です。


posted by imm at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記