2011年02月28日

愚息(小5)、女の子の節句を生ける〜桃と菜の花



愚息は男でありますが、
女の子の節句を生ける事に。


花材は

アイリス
菜の花



P1070620.jpg


菜の花は生けて飾っている間でも
伸びて来ます。

アイリスのつぼみがなかなか咲きませんでした。



P1070621.jpg
posted by imm at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚息の華道

タナゴではなく、小ブナ&小コイ釣りに



「タナゴ釣りは
 来たときよりも美しく 独りクリーンキャンペーン』

ばかりでは無く、
釣りもした(当たり前か)。


タナゴは一向に釣れない。



愚息(小5)はさすがに飽きて来て、
長い棹に変えた。

深いところで小ブナ&小コイを狙うのだ。


P1070598.jpg


P1070606.jpg


5pから10pくらいの
小ブナちゃんと小コイちゃんが 爆釣。

どうやら深いところに溜まっていたらしい。
黄身練りでも来るが、グルテンのほうがお好きらしい。




最初は小ブナちゃんが釣れるが、
だんだん、小コイちゃんばかりになって来る。

コイは小さくても引きが強くて、愚息も「やめられない」状態に。



一時間で、小さなバケツが
一杯になりました。

一番小さいのは、小ブナちゃんで 1.5p。
一番大きいのは、小コイちゃんで 10p。




タナゴを釣りたかったのですが、
ま、愉しいから、良いか…!!

タナゴ釣りクリーンキャンペーン



久しぶりに北浦に来た。

釣りをする前に「活動」をする。
ゴミハサミとゴミ袋を持って、そこらじゅうを歩き回る。


ああ、
悲しいかな、
前回、掃除してから2週間しか経ってないのに、
ゴミ袋はあっという間に一杯だ。


P1070623.jpg

煙草の吸い殻や煙草の箱
赤虫を持参したと思われる新聞紙
ティッシュ
コンビニおにぎりの包み
レジ袋

などなど、いい歳をした大人たちが
自然の中に残して行った、要らないもの。

釣りをする資格なんか、無い。

ここは、人ん家だぞ。
誰かの畑の中の水路だぞ。



P1070622.jpg


空き缶、
空きペットボトルも多い。

ご丁寧にペタンコに潰して、
草むらの目立たないところに、ご丁寧に捨ててある。

その手間で、持って帰れ!


さらに、
証拠を残して帰る人。

P1070624.jpg


足立区竹の塚3−10−17 あいおい損害保険株式会社 足立第二支社

会社の封筒に赤虫でも入れて来たのか?
それをグシャっと潰して、草むらに捨ててある。

バカ。


P1070626.jpg

さらに悪質なもの。

中央区八重洲2−1−6 八重洲Kビル サニーヘルス株式会社

宛名が貼られていないので、送られて来たものでなく、
ここに勤めているのでは無いかと思われる。

この袋には、なんと

P1070628.jpg

練ったグルテンがずっしりと入っていて、
そのまま、水田脇の竹やぶに捨ててあった。

タナゴ釣りでこんなにたくさんグルテンが要る分けないだろ!
どんだけ、釣ろうとしてんねん!



P1070629.jpg

タナゴなんて、小さくて弱い魚なんだから、
環境を守ることが大事だし、
なにより、
ここは、限りなく人ん家な訳で、
人ん家で釣りをさせてもらって、そのうえ、ゴミ捨てて帰るなんて、
あり得ない訳です。

愚息(小5)が大きくなっても、
またここでタナゴ釣りが出来るように、
自然環境と住んでいらっしゃる人たちの環境に邪魔をしないことが
大事だと思っている。



おおい!
そこのジジイ!
立ちションするな〜!!


タナゴ釣りは 来たときよりも美しく

2011年02月14日

タナゴ釣りは「来たときよりも美しく」



北浦にタナゴ釣りに行く。

前々から、
川のホソ周辺のゴミの多さにうんざりしていたので、
ゴミ拾いをするつもりで行った。

タナゴ釣りは
 来たときよりも美しく


 独りクリーンキャンペーン」



レジ袋とゴミハサミを持って行く。



あっという間に持って行った大きめのレジ袋が一杯になった。
多かったゴミ順に挙げると、


煙草の吸い殻、
ワンカップのふた
レジ袋
煙草の空ケース
紙くず
あきびん
空き缶
ペットボトル
水用の網
エサの袋
パンやおにぎりの袋
お弁当箱

P1070586.jpgP1070584.jpg


ああ、
情けない。

いい歳をしたおっさんがほとんどの釣り場で
このゴミはなんだ?


立ちションしてるのもゆるせないが、
丁寧におにぎりの袋を埋めてあったり、
見つからないように、ホントにぺったんこに缶を潰してあるのを見ると
ここまで手をかけるなら、
ポケットにつっこんで帰れば良いのにと情けなく思う。




独りクリーンキャンペーンと言いながら
それでも
他の釣り人の気持ちが変わらないと
ここで釣りを出来なくなる日も近い。

これ見よがしに釣り人の近くを
ゴミ拾って歩く。
いや、そこここにゴミがあるので、自然と釣り人の
多いところを拾って歩くことになる。


釣り人が入れ替わるたびに
2、3度 「活動」しながら、釣りをした。



周りがキレいになっていると釣りも気持ちいい。

P1070589.jpg

P1070588.jpg


この風景を守って、
そして、
近所に住んでいらっしゃる方々のことも考えて
釣りをすることが大事です。


来週も「来たときよりも美しく」します!

2011年02月01日

タナゴ釣りの予定がボラ釣りに



寒い、ので、タナゴ釣りだ。
北浦周辺のホソ。



ベテランさん達に訊くと、
ここらでもタナゴは減っているらしい。

ベテラン顔はいいけれど、
そこで立ちションするのは、止めて欲しい、と思う。




釣れるのはクチボソなど、ばっか。


P1070460_2.jpg


場所を点々と変える。
ん?
なんだか強いアタリ。
鯉か?フナか?
それともちょっと違う。

P1070468_2.jpg



かかった!
凄い引き。

P1070465_2.jpg

なんとボラ。
どうやら、ホソでも深いところには
ボラが群れているらしい。

立て続けに10匹。
タナゴの仕掛けを二回切られるが、愚息(小5)は
オモシロくてドンドン釣り上げる。


小さい棹で、切られるかギリギリの釣りは
まさに釣り堀状態でスリル満点。



あれ?
タナゴ釣りに来たんだよね?