2010年05月21日

淡路産ヒラメと真鯛は皮がついたまま届く



真鯛の季節。
今や、養殖で年中食べられるが、
やっぱり、食べたい季節がある。

例に寄って、
淡路の魚屋さん「魚増うおます」から
ヒラメと真鯛が届いた。

魚増 http://www1.sumoto.gr.jp/uomasu/
魚屋目線の魚の写真がオモシロいので、お薦めのHP。


P1060472.jpg
P1060473.jpg


魚の皮をむいてしまうと、
鮮度が落ちるのが速いので、
真鯛は三枚おろし、ヒラメは5枚下ろしで
皮を付けたまま頂戴した。

刺身にするには、皮をひいてからになるが、
ひと手間あっても、そのウマさは違うからね。

鯛の頭や骨は潮汁にした。
新鮮だと全く臭みがないのが、うれしい。
食べきれないので、3日目はソテーにしたり、煮魚に。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38398533
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック