2010年07月31日

初めての志賀昆蟲


愚息につきあって、
戸越の志賀昆蟲に初めて行った。

念のため、電話をしてから伺おうと思い、電話すると
「営業時間は9時から5時まで。ただし、12時から12時半は昼休み」との事。
昼休みがあるあたりが、渋くてイイ。
さらに、
「地図をお送りしましょうか?近道があります」とおっしゃるので、
ファックスをしていただいた。

戸越銀座の駅に着いて、その近道を行く。
「え?ホントにここ?」と思うような、幅1m程の路地を行く。
ケモノ道っぽくて、渋すぎて、イイ。

昆虫→昼休み→ケモノ道→期待感


志賀昆蟲といえば、
青山に「志賀昆虫」と大書きしてあったのを覚えている。


あれは何だ?

と、ずーーーっと気になっていたが
気になるけど、
別に知りたいとは思った事もなかった、あれだ。


http://www.shigakon.com/


あれが昆虫に関する研究器材などを販売する店だと知ったのが
つい最近であり、しかも小5の愚息に聞いたのだ。

青学の福岡ハカセ(福岡伸一先生)の著作「ルリボシカミキリの青」に
書いてあったそうで、
福岡ハカセ好きの愚息としては
なんとしても志賀昆蟲で捕虫網を買いたい、ということになった。

P1060661.jpg

ネットで調べて、買おうと思っていた捕虫網よりも
大きめで(42センチの網)、長い(2.5m)のモノ
(柄と網とセットで約7000円)を買った。

店員の方が親切に色々と教えてくれて、
扱えるかどうか調べる為に、店の中で捕虫網を振り回してみたり、
網のたたみ方を見せて頂いたり、
貴重な初体験だった。


さて、その7000円の捕虫網での釣果(っていうのか?)は?
眠いので明日に続く。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39902406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック