2010年08月23日

ニイニイゼミを飼う?

愚息はなかなかの「セミ使い」である。
彼の手にかかると、
セミがおとなしくなる。


posted by imm at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画はどうが?

2010年08月22日

サトキマダラヒカゲが集まる




水元公園でのワンショット。




セミが三匹集まって羽化した後が。

イイ場所、なのね。

P1070128.jpg




クヌギの樹液にサトキマダラヒカゲが集まってる。
枯れ葉みたいに見えるのは
全部サトキマダラヒカゲです。

オオスズメバチもいるので、ちょっと遠目に。

P1070110.jpg

2010年08月21日

ニホンイシガメは掃除機がお嫌い


イシガメの石ちゃんは
掃除機を掛けると、石の下から
「何だ?何だ?何だ?」という感じで顔を出して来る。


P1070082.jpg



騒がしいのが苦手なようで、
動揺が隠せず、慌てふためく時もあるし、
石の下に引きこもってしまう時もある。



ここのところ、暑いので日光浴も控えめにしているが、
元気がいい季節であることには変わりないらしい。



元気な石ちゃんのパラパラ漫画風
P1070085.jpg  P1070086.jpg  P1070087.jpg  P1070088.jpg

2010年08月20日

初めてのサビキ釣りで豆アジを


淡路島で
初めてのサビキ釣りをした。

小学校の頃、同級生だったチカちゃんの家は釣り具屋さんだ。
吉田釣具店
http://www.awaji-web.com/fishing/fishingshop.html

おじいちゃんがすごく親切に細かいアドバイスをしてくれて、
初めてながら、貴重な情報をゲット。
「昼間でも釣れる」というおじいちゃん情報を信じて、行ってみた。


仕掛けはごくごく簡単に、
サビキ釣りの針の下にカゴを付けただけ。
針は少なめに3本か5本にし、カゴは洗濯バサミ状のモノにした。
エサは、レンガと呼ばれるモノを2個買った。

P1060927.jpg


2時間程で、クーラーは一杯。
93匹の豆アジが釣れた。

P1070025.jpg   P1070075.jpg


唐揚げや南蛮漬けにして、食べる事にしたが、
さすがに93匹は多すぎました。

2010年08月15日

イシガメを釣れて帰省

そうか…、1000円だった。

あまりの渋滞に高速代金が割引になっていることに気付いた。
今頃、遅い。

帰省にニホンイシガメを連れていたのだが、
こんなにも渋滞していては、イシガメも参ってしまうだろう。
仕方なく、
サービスエリアでこっそりと泳がせた。

P1060873.jpg

クウクウと水を飲んでいる。
気持ち良さそうに足をばたつかせている。


結局、10時間かかって到着。
ストレスに弱いイシガメには、かなりのダメージだったかな。
2、3日は暗いところでひっそりして、エサもたべませんでした。

P1060913.jpg

2010年08月01日

手乗りニイニイゼミ



愚息の手に乗ったニイニイゼミ。

P1060765.jpg

手乗り文鳥を思い出す。

2010年07月31日

日本橋三越で再びのオーダージーンズ



昨年、私がはまった、
倉敷オーダージーンズの頒布会が
今年も8月に日本橋三越であるらしい。

倉敷からメーカーの方がいらして直々に採寸とアドバイスをしてくださる。
ジーンズを分かっている方に採寸して頂くと、やっぱり違います。


三越
http://www.mitsukoshi.co.jp/index.html

posted by imm at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是ジーンズ

初めての志賀昆蟲で買った捕虫網

志賀昆虫で買った、7000円の捕虫網。

P1060746.jpg

身長155センチながら、
調子に乗って愚息が買ってしまった、2.5mの捕虫網。

お店ではたたみ方の指導もありました。
コツは、野球のボールについている縫い目のように、3次元的に捻りながら小さく畳む感じです。
志賀昆虫 捕虫網のたたみ方
http://www.shigakon.com/fs/konchuu/c/gr24
畳んだ後、ネットをクルクルと巻き付けて止めるのが、
ちょっとプロっぽくてカッコいい感じです。


さすがに
全部伸ばすと使いづらいのか、短めにしていました。
でも。網の口が42センチはなかなか大きい。
何でもつかまえられそうな威厳にあふれております。

で、
クロアゲハ、ギンヤンマを難なく捕まえました。

P1060748.jpg
P1060744.jpg

ちょっと観察して、パチリと写真を撮って逃がしました。


その後、
ニイニイゼミを捕虫網一杯に捕まえて、
P1060771_2.jpg

一度にチイイイーーーーっと逃がしました。

初めての志賀昆蟲


愚息につきあって、
戸越の志賀昆蟲に初めて行った。

念のため、電話をしてから伺おうと思い、電話すると
「営業時間は9時から5時まで。ただし、12時から12時半は昼休み」との事。
昼休みがあるあたりが、渋くてイイ。
さらに、
「地図をお送りしましょうか?近道があります」とおっしゃるので、
ファックスをしていただいた。

戸越銀座の駅に着いて、その近道を行く。
「え?ホントにここ?」と思うような、幅1m程の路地を行く。
ケモノ道っぽくて、渋すぎて、イイ。

昆虫→昼休み→ケモノ道→期待感


志賀昆蟲といえば、
青山に「志賀昆虫」と大書きしてあったのを覚えている。


あれは何だ?

と、ずーーーっと気になっていたが
気になるけど、
別に知りたいとは思った事もなかった、あれだ。


http://www.shigakon.com/


あれが昆虫に関する研究器材などを販売する店だと知ったのが
つい最近であり、しかも小5の愚息に聞いたのだ。

青学の福岡ハカセ(福岡伸一先生)の著作「ルリボシカミキリの青」に
書いてあったそうで、
福岡ハカセ好きの愚息としては
なんとしても志賀昆蟲で捕虫網を買いたい、ということになった。

P1060661.jpg

ネットで調べて、買おうと思っていた捕虫網よりも
大きめで(42センチの網)、長い(2.5m)のモノ
(柄と網とセットで約7000円)を買った。

店員の方が親切に色々と教えてくれて、
扱えるかどうか調べる為に、店の中で捕虫網を振り回してみたり、
網のたたみ方を見せて頂いたり、
貴重な初体験だった。


さて、その7000円の捕虫網での釣果(っていうのか?)は?
眠いので明日に続く。